こんにちは!

おたからや高岡店のおかたか店長です!

 

この仕事をしていると、お客様からよく、

『どういったところを見ているの?』といった

質問をされることがあります。

 

査定にはいろいろと見なければいけないのと、

モノによって見方や評価の仕方が違うので、

一概にこれというものはありませんが、

強いて言えば、きれいなお品、大切に使われていたお品です。

 

昔やっていた、鑑定番組で鑑定士の方が

『いい仕事してますね~』というのを

見たことがあるのではないでしょうか?

 

あの表現は、作品を作った作者に

『丁寧な作り方をしていますね!』という意味もありますが、

私たちの場合は、

『キレイに使っていましたね。』『大切にされていたのですね。』

という意味で使わせていただいております。

 

ブランド品のバッグや貴金属の細工などは、

確かに職人さんがいい仕事をしていると思います。

 

例えば、こちらのお品。

 

 

素焼きした器に、釉薬をかけ木の葉をのせて

焼き上げた逸品です。

 

作者も伊藤武夫さんという有名な陶芸家。

 

いい仕事をしていると思います。

 

でも、それを購入され、丁寧に使っていたことや

キレイに保存していたことなど、

持ち主さんももっと褒められていいのではと考えております。

 

キレイに使っていたもの、大切なお品、

思い入れのお品など、ぜひ当店にお持ちください。

 

そして、わたしに『いい仕事しましたね!』と

言わせてください。

 

それでは皆様のご来店をお待ちしております。